我が子の発育状態への不安

私たち夫婦には一歳になったばかりの息子がいます。

このあいだ近くの小児科に一歳児健診に行ってきました。
指差しもできるようになり、バイバイや拍手もでき、
日に日に愛らしくなって行く我が子ですが、
小児科の先生に発語がまだだということを話すと、
すこし驚かれました。
私たち夫婦としては一歳でまだ意味のある言葉がでていなくても、
指差しができますし、男の子は遅いと聞いていたので
さほど気にしていませんでした。
しかし、小児科の先生に驚かれたことが引っかかり、
その日から不安な毎日が続いています。
ネットで調べてみると発語以外にも引っかかることが
いくつかありました。
くるまの車輪が大好きでころころころがる車輪を
見続けることがあること、
音が鳴るおもちゃに耳を当ててききいっていること、
逆さバイバイをすること、
白いご飯にこだわってそれしかたべてくれないこと…
それらは全て自閉症の子供に当てはまる行動でした。
しかし、健常児でもやる行動であり、
これらの行動が極端であったり、
2、3歳まで続いたりすると疑った方がいいとのこと。
我が子はまだ1歳になったばかりですし、
目があい、よく笑い、癇癪をだすことやなくことが少なく、
指差しをしたり私たち夫婦の言っていることを
理解しようとしてくれています。
とはいっても調べれば調べるほど不安は絶えません。
子供を育てていてはじめてぶつかった大きな壁です。
我が子を見ながらふと、こう思いました。
よく出先でぐずったり暴れたりする子供がいて、
親のしつけが悪いと言う人がいますよね。
私もそうでした。
けれども今回のことで、もしかしたらその暴れている
子供のお母さんも同じような不安と戦いながら毎日をすごしているのではないのか、
と思いました。
こういった不安と戦いながらそれでも我が子と
共に歩んで行く覚悟をもっている母親達の気持ちをもっと理解して
あげたいとおもいました。

我が子のことも、まだ先のこと。
考えても仕方ないのでいまはただ暖かく成長を見守ってやろうと思います。

ダイエットからマラソンへ

今年の東京マラソンに参加しました。
もともと走り始めたのは約二年前で、きっかけはダイエットでした。当時、食べ過ぎ飲み過ぎや不規則な生活を続けていたせいでとても太ってしまいました。
そこで色々なダイエット方法を試してみました。外国人のフィットネスDVDや食事などにチャレンジしましたがことごとく失敗していました。
飽きたり一人だとモチベーションが続かなくなったりして、薄着になる夏も近づいていてどうしようかと思っていたところあることに気づきました。
「どうにかして楽して痩せようとしていた」と。そこで大いに反省して一番やりたくなかった運動をする決心をしました。
水泳も少しはやりましたが、主に近所を走るランニングを続けました。最初は時間も距離も長く走れずに挫折しそうになりました。
太っていたので走っている姿も格好悪く思えてしまって最初はすぐに歩いてしまっていたのですが、なんとか習慣にして徐々に走れるようになってきました。だいたい30分以上走るとダイエット効果があるそうです。
更に朝食前に走ると糖分が燃焼されるらしくよりいいそうで、それらを実践すると体重が減ってきました。
毎日体重計に乗ることが楽しみになってきて、同時に油ものやポテトチップスなど太りやすい食事も避けるようになって3カ月で8キロ弱も痩せる事ができました。
そのあともリバウンド防止の為に走っていて、軽い気持ちで東京マラソンにエントリーしたところ抽選で選ばれてしまいました。
多くの方々のおかげで完走することができ、とてもうれしかったです。

夜食のおかずにチーズ。変わってる?

今日はもう夜中。ネットでブログライターの副業やっている私は、毎日今ぐらいの時間から夜食をとっています。
いつもなら夜食後にまた作業するのですが、今日は一日忙しくて疲れたので、夜食とってちょっと休憩してから寝たいと思います。
しかし、先ほど夜食におかずを探していたのですが、適当なものが見つかりませんでした。
ビールタイムの時におかずを全部食べてしまったので、夜食のおかずが何もなくなってしまったようです。
ご飯だけはたくさんあるのですが、一瞬どうしようかと思ってしまいました。
しかし、よく冷蔵庫の中を見ていたら、今日スーパーでビールのおつまみにと買ってきたチーズが目に付きました。
これをおかずにご飯が食べれたら、なんて無謀な事を考えた私は、チーズを細かく切ってご飯にまぶし、その上から醤油を少しかけて
それに味付け海苔を巻いて食べてみました。
そうしたら、これがなかなか美味しくていけるのです。お茶碗に二杯も食べてしまい、夜食だというのにお腹が一杯になりました。
よく考えてみれば、チーズにご飯といった組み合わせの料理って結構あるのですよね。ドリアとか。
私は、チーズ大好き人間なので、一度チーズを食べ出したらなかなか止まりません。
ビール飲みながらの袋入りで20個程のチーズなんか1日、いや1時間ぐらいで全部無くなるぐらい大好きなのです。
こんなご飯の食べ方って変でしょうか?でもなかなか美味しくて、これからも病みつきになりそうです。
さてと、もうそろそろ眠くなってきたので休もうかなぁ。

外国人の旦那さんは日本人とは違う。

ちょっと前に地震がありました。私が住んでいた地域でも震度4か5か忘れましたがかなりすごい揺れで本当に怖かったです。
しかもその地震は夜中になりました。確か2時くらいでした。
最初寝ていた時に揺れたので目が覚めました。
その時に主人が地震だと言うのですが寝ぼけていてピンときませんでした。
しかし、その後携帯から地震警報が鳴りそれと同時に地震がきて揺れた時に主人は私と娘をかばうように抱きかかえていました。
主人は地震の揺れが終わった後もじっと抱きしめていてその後無事で良かったと言いました。
次ぎの日主人は朝起きて来て地震の時に最初に思い浮かんだのは私と娘で本当に大事な存在と分かったと言いました。
そんな主人は日本人ではなくて中国人です。
私は地震も大きかったので私地震もすごく子供を主人になったので主人がそう思ってくれる気持ちがすごく嬉しかったです。
やはり主人で間違いなかったと思いました。
でも私の友達は日本人同士の夫婦なのですが、かなり違っていました。
1人は地震に気づいても寝た振ふりをしていたそうです。自身が終わっても何も言わずに少し時間が経って地震あったねと言っただけだったそうです。
もう1人の友達は旦那さんんが帰りが遅いのでいつも違う部屋で寝ていて地震の時も部屋まで来なかったそうです。
友達が朝起きた時に旦那さんが地震があったね、でもすぐ終わったねと言っただけだったそうです。
日本人と外国人で感じ方が違うなとすごく感じてしまいました。

うちの休日にあった珍事件の話

うちには車が2台あります。1台は夫の通勤用。もう1台は私が子どもを乗せて出掛ける時に使っています。 夫が休日の日、夫は留守番で子どもと出掛けようと車に乗ったその時です!ちらっと夫の通勤用の車に目をやると、何と給油口があいていて、内側のふたもついていないのです! びっくりした私は、急遽子どもと出掛けるのをやめて、夫と話し合いをしました。 まず最初に考えたのは、「ガソリン泥棒」です。今ガソリンも高いですし、盗まれてもおかしくありません。それにしてもこんなに貧乏な我が家から盗むことないのに…と夫と話をしていて、ひとつおかしいことに気がつきました。 内側のふたがどこにもみあたらないのです。ガソリンが目的ならば、内側のふたまで盗っていかないはずです。そこから夫と一緒に内側のふたを必死に探しました。やはりどこにもありません。 そこから、「これはもしかしたらガソリン泥棒ではないかもしれない」という考えにかわりました。そこで急いでエンジンをかけてみると、ガソリンはほぼ満タンに入っていました。 これで「ガソリン泥棒」説はなくなりました。 ならば何で給油口が全開で、内側のふたもついていないのか…。夫と2人で頭をかかえました。まさか、給油口の内側のふたが欲しくて泥棒したのかもしれないとまで考えました。 すると突然夫が叫びました。 『あ!俺、昨日ガソリン入れた後、蓋閉めた記憶がない!』と…。 昨日セルフのガソリンスタンドへ行き、ふたも何も閉めずに帰ってきたかもしれないと言うのです。 早速ガソリンスタンドに電話をすると、内側のふたがもちろん残されていました。 『何でセルフのガソリンスタンドに行ったことを思い出すのが遅すぎる!時間を返せ!』 と喧嘩になったことは言うまでもありません。 そのあと2人で大笑いしましたけどね。お騒がせな抜けてる夫なのでした。